暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

映画やドラマ・アニメ

電子書籍・マンガを読むなら

∨    ∨    ∨

U-NEXTはこちら>>

∧    ∧    ∧

こんにちは。 Naradukeです。

今回ご紹介するこちらの漫画。

よくある”~のだが”フレーズ作品です。

表紙がきれいだったので、試しに読んでみようかなと思い

3巻まで一気読みしました( *´艸`)

まずは、印象的なのは画力というところでしょうか。

きれいなのですごく見やすく読みやすい作品になってますね。

話の内容的には、この漫画を読む際にレビューを拝見したところ。

”よくあるコピー版だった”というのが印象的でした(-_-;)

確かにクラス全員が転移するところから始まって

主人公だけがステータス公開場面で一人怪しむというところから入っていく

よくある異世界ものだな~と感じる場面が

たびたび出てきました。

あらぬ疑いをかけられたりとかね( ̄▽ ̄)

異世界物を読みつくしている方・こんな展開よくみるわ~という方には

あまりお勧めできないのかな~!?(;^ω^)と

ですが、コピー版だとしても

展開や画力は比較的良く

私個人の意見としては、これはこれで良いのではないかな?と感じました。

初めての”異世界物漫画”を読まれる方には

画力や展開の速さは丁度良く・サクッと読める作品だと思います(*’▽’)

色んな異世界漫画を読んでいる方には、今後の展開に期待しましょう(*’ω’*)と

いう所でしょうか。

なにはともあれ、短時間でサクッと読める漫画をお探しの方には

おススメだと思います(*‘∀‘)

ちょっとした時間に読むことで

出掛ける時や次に何かする時の気持ちって変わりませんか!?(‘◇’)ゞ

もし自分がこの主人公のように

影の薄さゆえの”暗殺者”らしい能力を使えたら~

なんて思いながら

私は、こちらの作品を読んだ後

夜中に台所まで足音を立てずにこそこそ向かい

ポ〇トチッ〇スの袋を音をたてないように

そ~~~~~~~~~~~~~っと

開け、

ただほおばる!!!!

なんてことをしたりしましたよ( ̄▽ ̄)

        

タイトルとURLをコピーしました