図書館の大魔術師 3巻 【小さな少年の夢は・・・旅立ちの日】

少年漫画

こんにちはNaradukeです。

今回は「図書館の大魔術師」をご紹介していきます。

図書館の大魔術師をまだ読んでいない方はネタバレになりますので気を付けて下さい。

電子書籍・マンガを読むなら

∨   ∨   ∨

U-NEXTはこちら>>

∧   ∧   ∧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

本が大好きな貧乏で変わった風貌の少年・シオ・スミフ。髪金色・肌は白く・耳は長い、周りとは違う容姿のシオはいじめられていた。そんな彼にも夢があり、本の都≪アツファック≫に行くこと。そんなある日、村に書を護る者・司書≪カフナ≫が現れた。カフナであるセドナと知り合ったシオは、司書≪カフナ≫になることを決心する!!セドナと別れて7年、彼は必死に勉強し、体力をつけ、ようやく司書試験を受けるべく本の都≪アツファック≫へとたどり着いた。司書試験はまだ始まったばかり・・・シオに待ち受ける司書試験とは・・・!!!?

あわせて読みたい 前巻 図書館の大魔術師 2巻はこちら>>

感想・ネタバレ

今回は前回の司書試験の続きからです。

試験では三人一組になって課題に取り組むみたいなんですが、

その中の一人に傲慢地来な人がいてーーーーー

何だかこっちがくそーーーって言いたくなっちゃいましたよ。

Naraduke
Naraduke

おでこツルツルピカのくせに~ってね

鹿
鹿

自分がガサツなのを棚にあげて何言ってんだよ~

あれは、慎重な人って言うんだよ。慎重すぎるとも言うけど

試験はとりあえず、無事?に終わったみたいですけど

シオが街に出かけた時に一人のおばあさんに出会うんですよね。

そのおばあさんも超重要人物ですしね。

そして、事件にも巻き込まれていくようで

ここでも、これからの新しい展開が見て取れました。

これから各族の世代交代から垣間見える新たな派閥が生まれそう~

そして、それを繋いでいく存在がシオ・スミフってかんじですかね?

シオ自身も自身の血がどういうものか理解している風でした。

ただの混血ではないってことですね。

試験も終わって、結果が出るまで故郷に帰ったシオ。

小さかった頃とは打って変わって、シオの周りには人が沢山いました。

試験を受けるためにシオ自身が変わったことによって

周りもシオを見る目が変わったようで、いじめもなくなって

今や≪期待の星≫とまで言われているそう。

幼馴染からの激励や昔からシオに優しくしてくれた図書館長の娘・サキヤちゃん。

シオって罪な男なんだな~

Naraduke
Naraduke

鈍感でもあるよね。

サキヤちゃんの好意に気付いてないし、

意外と色んな所で自分に好意を持ってくれる子を増やしてる気も・・・

サキヤちゃんの恋心は報われる日がくるのかな~!?

ずっと傍で見てきた分、報われてあげてほしい気もしますが・・・。

そして、ついに司書試験の結果が・・・・

4巻は新たな一ページが始まるみたいです!!

お得に読むなら

「図書館の大魔術師」を読むなら

U-NEXTなら

31日間無料体験が出来て、その時に600円分のポイントも貰えるので

そのポイントで漫画が1冊お得に読めちゃう。

映画やドラマ・アニメも見放題で、31日間は完全無料なのでおすすめです。

∨   ∨   ∨

U-NEXTはこちら>>

∧   ∧   ∧

あわせて読みたい マンガを読むならどのサイト?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
少年漫画
Naradukeをフォローする
ならづけのまんが漬け
タイトルとURLをコピーしました